Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

一目惚れの出会いーー私と京都

一目惚れの出会いーー私と京都

私は中国からの留学生です。
中学生の時に偶然、日本のアニメを見ました。それから日本に興味を持って、独学で日本語を勉強し始めました。勉強の間に、日本の歌やドラマにもたくさん触れ、どんどん好きになりました。
そして知らず知らずの内に、「日本に行きたい!」という気持ちが湧いてきました。日本の文化も景色も人も、全部知りたい。そんな憧れから、私は日本の京都の大学に入学しました。

初めての出会い

sakura

私が初めて旅行で日本に来た時、いろいろな街の景色と雰囲気が心に刻まれました。賑やかな東京、情熱的な大阪、綺麗な北海道。しかし、日本の街の中で一番印象に残ったのは、京都でした。この街には、ある静かな美しさが隅々まで流れていたのです。

初めて京都に来たのは春。地元の友達に誘われて、鴨川に行きました。電車から降りて駅を出た時、目の前の景色に驚きました。川の両側に桜が海のように広がっているのです。涼しい風が軽く吹いて、ずっと憧れていたアニメでしか見られなかった風景が、確かにすぐ目の前にありました。桜が散る坂道、桜の花びらが浮かぶ川…。故郷の中国では、こうした景色を見る機会はありません。その美しい絶景にすごく感動しました。多分その時、京都に一目惚れしてしまったのです。

京都の美しさ 春夏秋冬

sakurapetals

写真撮影が趣味の私にとって、京都はまるで天国のような場所です。京都には、いつでもいい写真を撮れる場所があります。

春は、京都御所、高台寺の桜。つぼみ、咲き始め、満開、散り始め、各段階の桜を観察しながら写真を撮るのがおもしろいです!夜桜はすこし撮りにくいけれど、ホワイトバランスとISO感度をちゃんと調節すればいい写真が撮れて、満足感が溢れてきます。

夏は、三千院、三室戸寺の紫陽花。古いお寺と梅雨と紫陽花、一見暗い雰囲気でも、そうした感覚を写真でうまく切り取れば、ある「寂しい美しさ」を感じられます。あとは祇園祭。浴衣を着て、友達と遊んで、美味しいものを食べて、とても楽しかったです!