Kyoto Styudy

京都留学をご検討中の方 京都に留学中の方

STUDY KYOTO MAGAZINE

言語学習のその先へ -伝統ある日本語学校の魅力に迫る-

2.学生へのインタビュー

今回Study Kyotoは中級、上級クラスの生徒4名に、お話を伺うことができました。

 

Q.なぜ日本に、中でも京都に留学を決めたのですか?

A1.高校生の頃から日本の近現代の歴史に興味を持ち、留学してみたいと思っていました。東京や大阪などの大都市よりも落ち着いた場所が良くて、さらに歴史の長い街ということで京都を選びました。

A2.小さい頃からゲーム制作会社で働きたいという夢があって、日本に留学を決めました。京都に決めた大きな理由は、京都に行きたい大学があったからです。その大学進学のために、今は勉強を頑張っています。

A3.子どもの頃から、日本の食べ物や着物、漢字などに興味がありました。まずは日本語を勉強しようと思って、留学を決めました。京都は伝統文化の中心地なので、私にピッタリでしたね。

A4.おばさんが日本で働いていた関係で、幼い頃から何度か日本に来ていました。実はおばさんもKJLSの卒業生で、学校をオススメしてくれました。京都には伝統があって、お寺も多くて、雰囲気がとても好きです。

 

Q.京都日本語学校は文化体験の機会が多いですが、印象に残った授業はありますか?

A1.着物をデザインしている方にお話を聞いて、色や柄に関して学んだことは印象に残りました。

A2.京都精華大学でアニメを制作している場所を訪問して、声優体験をしたのが楽しかったです!

 

Q.放課後やお休みはどうやって過ごしていますか?

A1.ホームステイ先のおばあさんと一緒に、日本料理を作ることが多いです!これまでお餅やお好み焼きに挑戦しました。楽しくて美味しかったです。

A2.京都の街を探検しています。目的地を決めずに、興味を引かれた場所やものを見るのが楽しいです。この前は、爬虫類カフェという場所を見つけて行ってきました。面白かったですよ。

 

Q.KJLSを選んだ理由は?

A1.長い歴史のある学校なので、信頼できると思ったことですね。あとはアジア圏の留学生だけではなく世界中から生徒が集まっていて、本当に国際的だという印象を受けたからです。

A2.文化芸術コースが特に魅力的でした。高校卒業後すぐに日本に行きたいと話したとき、最初は心配していた親も、KJLSのWEBサイトを見せると安心して応援してくれました。

 

Q.これから留学をしたい人に向けてメッセージを!

(一同)将来日本に住みたいと思っている人は、ぜひKJLSに来てください!学校は国際的で、日本語を話す練習機会がたくさんあるので本当にオススメです。

3.校長先生へのインタビュー

Q.学校としてKJLSが大事にしていることは何ですか?

A. 言語学習と言うと、コミュニケーションができれば良いという風に思いがちですが、私たちは「その先にあるもの」を意識しています。必要最低限の会話ではなく、ひとりひとりが生きてきた人生や価値観が交わり、刺激し合うような、中身のある日本語を習得してほしいと思っています。

京都という場所にある文化を、観光客の目線ではなく「息づいている文化」として学生たちに味わってもらいたいという想いから、その道の専門家から学ぶ機会を設けています。実はKJLSは創立70周年を迎えた、日本でも二番目に古い日本語学校です。長い歴史と経験を持つ学校ですが、その伝統に慢心することなく、変えるべきところは変えていくことを意識しています。

 

Q. コロナ禍により変化を余儀なくされたと思いますが、KJLSが今後目指していくことを教えてください。

A. コロナ禍によって大きく世界が変わっている中で、自分たちにできることを再検討しています。オンライン授業と対面式授業をうまく組み合わせていくことによって効果的な学習と費用的なメリットが見込められれば、これまで日本に来たくても来られなかった方々にも学習の可能性を提供できると思っています。自分の人生のちょっとした休みとして、京都で悠久の時を感じてもらえれば嬉しいですね。

4.結び

京都日本語学校の人気の秘訣は、その長い歴史の中で信頼と実績が作り上げてきた魅力的な学習環境でした。中でも人気のインテンシブコースでは、日本語だけでなく茶道・華道や着物などの伝統文化からアニメやゲームなどのポップカルチャーまで、日本の新旧文化を余すところなく知ることができます。皆さんも、世界中から集まる仲間たちと一緒に、自分の価値観や将来の可能性を広げる、かけがえのない時間を過ごしませんか?

京都日本語学校の皆さん、ありがとうございました!

京都日本語学校ウェブサイト:http://www.kjls.or.jp/

Categoryカテゴリ

Category記事のカテゴリ