Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

KyoTomorrow Academy-京都には留学生の日本語学習、就職活動を支えるコミュニティがあります-

KyoTomorrow Academy-京都には留学生の日本語学習、就職活動を支えるコミュニティがあります-

京都で学生生活を過ごすことを決めた皆さんには、たくさんの夢や目標があることでしょう。

例えば、「もっと日本語が話せるようになりたい!」、「日本人の学生と、留学生同士も、たくさんの友達をつくりたい」、「日本の文化を深く知りたい」、「将来は日本で就職したい!」などなど。
今回はそんな願いをサポートするコミュニティ、KyoTomorrow Academyを紹介します。
KyoTomorrow Academyとは、文科省の支援を受け、産学連携組織である大学コンソーシアム京都が主体となって運営する団体です。なんと、参加者は全員で150人にもなる大きなコミュニティです。

主な活動内容は下記3つから成り立っています。

●Beyond N2(日本語学習支援): もともとは就職活動の第一関門といわれるJLPT(日本語能力試験)のN2を突破することを目標とした日本語スタディグループ。京都で日本語教師を目指す学生たちが主体となって、留学生の日本語上達をサポートしています。現在は、会話重視の学習スタイルに変更し、留学生と日本人学生の学びと交流の場になっています。

●就職活動サポート:エントリーシート・履歴書の書き方や模擬面接、ビジネス日本語講座、企業との交流会・説明会などを行い、留学生を手厚くサポートしています。自己PRの考え方など、日本以外では馴染みのない項目も丁寧に教えてくれます。日本語学校の先生や企業の専門家が講師を務めます。

●文化体験:京都に息づく伝統文化を体験できるプログラムです。老舗企業のビジネスや伝統産業について、楽しみながら学ぶことができます。

実際の活動の様子や雰囲気が気になりますね!参加者の声を聴いてみましょう。

今回はKyoTomorrow Academyのサポートチームのメンバーにお話を伺いました。
サポートチームとはKyoTomorrow Academyの活動を企画・運営する中心メンバーです。

Beyond N2(日本語学習支援)の活動-マイケルさん-

_DSF3914

マイケルさん
出身:アメリカ、フロリダ

学校:京都日本語教育センター

Q. 日本語を勉強しようと思ったきっかけは何でしょう?
A. 偶然でした。アメリカの大学を卒業するには第二言語が必要で日本語の授業を取ったんです。勉強すると、だんだん興味がわいてきました。
大学では日本語の授業は1つしかなく、とても珍しい授業だったんですが。

先生が日本は素晴らしい国だと言ってくださって、さらに興味がわきましたね。

日本のドラマも見始めて、アメリカのドラマより面白いと思いました。一番好きだったのは、「理想の夫婦」というコメディドラマ。「電車男」も好きですし、「ガリレオ」などの推理系も好きですね。

Q. どうやってKyoTomorrow Academyを知りましたか?
A. 学校の掲示板に貼ってあるチラシで偶然見つけました。これもまた偶然ですね。

Q. 活動を始めた理由は何でしょう?
A. まずは日本語を上達させたかったから。学校以外の時間でも日本語を使いたかったんです。月2回活動しているので、できるだけ毎回行ってます。

Q. 活動内容を教えてください。
A. 夕方の19時から開始で20:30まで活動しています。活動場所はキャンパスプラザ京都の5階です。
日本人の学生と一対一で会話したり、ゲームをしたりしていますね。
ゲームの内容は日本人の学生が考えてくれています。前回はドラえもんの道具を自分で考えて、みんなに発表するというゲームをしました。宿題などはないので、その場で、気軽に会話やゲームを楽しんでいます。

Q. やりがいは何でしょう?
A. 日本語の上達はもちろんですが、いろんな日本人の友達と話したり、外国人の友達もできて、いい経験です。友達は本当にできやすい環境だと思います。学校とは違うつながりができ、留学生と日本人学生の交流が生まれるのも面白いですね。

外国人の友達とも日本語で話していて、日本語の練習になっています。同じ出身のアメリカ人とでも日本語で話していますよ。お互い、もう日本語がわかりますから!

BN2‡@

Q. 面白いエピソードはありますか?
A.そうですね、7月に日本人の学生も外国人の学生も一緒になって、食事会をする予定です。

学生たち自身で企画した集まりです。自主的にいろいろ考えられるのが面白いです。

Q.難しいことはありますか?
A.あります!(笑)ときどき、日本語で言いたいことが表現できないことです。
できるだけ自分の思いに合った言葉を探すのですが、時間がかかってしまって、ちょっともどかしい。…今みたいに(笑)

Q. 始める前と自分が変わったことは?
A. 一番は友達ができたこと。それから、日本語の上達ですね。

Q. これからKyoTomorrow Academyの活動を始めたい方にメッセージをお願いします。
A. 自分がこの活動に参加したのは、友達づくりと日本語上達のためです。
だから、もし今、日本語に自信がなくても、大丈夫です。日本人の学生がみんな優しくて、ゆっくり話してくれるから、どんなレベルでも参加できるし、満足できます。

ぜひ、もっともっと多くの人に参加してほしいです。

就職活動サポートの活動-羅致さん、黄瀞賢さん-

プロフィール

_DSF3941

羅致さん(ラチ)
出身:中国、大連
学校:京都情報大学院大学

_DSF3951

黄瀞賢さん(コウセイケン)
出身:台湾
学校:京都文化日本語学校

Q. おふたりが日本語を勉強しはじめたきっかけは?

羅致さん:日本語を勉強し始めたきっかけは、アニメを字幕なしで見たかったからです。
字幕は翻訳者によって違ったりするので、本当の意味を知りたくて。

黄さん:日本語を勉強したきっかけは、日本のアイドルが好きだったからです。嵐が好きでした(笑)

Q. KyoTomorrowをどのように知りましたか?

羅致さん:合同企業説明会で、チラシをもらったのが最初です。KyoTomorrow Academyで就職活動ガイダンスを行っていることを知り、興味を持ちました。
学校とは違う情報も入手できるかな、と思ったのがきっかけですね。

黄さん:日本に来てから、日本で就職したいという気持ちが高まり、学校で企業説明会のチラシをもらいました。
説明会のためにキャンパスプラザに来てみると、KyoTomorrow Academyがビジネス日本語講座というものを運営していて、自分もそこに参加することにしました。

就職面談会

Q. 活動を始めた理由は何でしょう?

羅致さん:KyoTomorrow Academyには面白いイベントがたくさんあって、まずそこに興味を持ちました。文化体験などのイベントもあります。イベントに参加することで、楽しみながら情報を得られるかなと思ったんです。

Q. 活動内容について教えてください。

黄さん:主な活動は、企業説明会とビジネス日本語講座です。

ビジネス日本語講座では履歴書の添削や面接の練習もしてくれます。先生は就職活動について、いろいろとアドバイスもしてくださいます。

羅致さん:年に1、2回は企業の見学会もあります。私も次回は参加しようと思っています。

企業見学

Q.日本の就職活動で大変だったことはありますか。

羅致さん:日本の履歴書は中国の履歴書に比べて、記入することが多く、難しさを感じます。中国では簡単な経歴のみですが、日本の履歴書はもっと自己PRを重視していますね。こういった違いも、先生が細かくアドバイスをくれます。

先輩社員との交流

Q. おふたりの希望の就職先は、どのような業界でしょう?

羅致さん:勉強したことを活かせるIT業界で就職したいです。
黄さん:実は、私は内定をもらいました!人材派遣の企業で、営業として東京で働きます。

Q. 難しかったことや、成長したことはありますか?

黄さん:以前、梅小路公園でサポーターチームの新入生歓迎会があり、司会を務めました。難しかったですが、とてもいい経験でした。みんなで遊んだりして、とてもいい集まりでしたね。

Q.参加してよかったと思うことは何でしょう?

羅致さん:活動を通して、様々なことが体験できて、いい勉強になりましたし、生活が豊かになりました。
就職活動だけでなく、日本語の勉強や、文化体験のプログラムにも参加しています。
毎月サポートチームで今後の活動についてミーティングするのも、コミュニケーションの練習になっています。友達も増えましたよ。

黄さん:ミーティングのときにいい雰囲気で進められることがうれしいですね。
私たちは外国人の立場から、KyoTomorrow Academyで行う企画に対して、意見を出しています。日本語でのディスカッションの練習にもなりますし、外国人ならではの見方が活かせます。

Q. これからKyoTomorrow Academyの活動を始めたい方にメッセージをお願いします。

羅致さん:もっとたくさんの人に活動を知っていただき、参加してほしいです。今後は他の機関とも協力して、ひとつの場所で説明会を行うべく企画を進めています。みなさんの就職活動がさらに楽になるイベントを開催できると思います。

黄さん:KyoTomorrowAcademyのイベントはとても質が高いので、ぜひ機会があれば参加してほしいです。特にビジネス日本語講座はレベルが高いので、絶対参加してほしいと思います!

(羅致さんはインタビューの後、東京のIT企業での就職が決まりました。2018年4月から働く予定です。)

Subscribe to Study Kyoto Newsletter

* indicates required