Kyoto Styudy

考虑到京都留学的同学 在京都留学的同学

STUDY KYOTO MAGAZINE

留学生が日本、京都でアパートを借りる方法

留学生が日本、京都でアパートを借りる方法

新しい街に引っ越す時、誰しもまず住む場所を探すものですが、留学のために外国に引っ越すとなれば、自分の母国とは異なる決まり事や習慣があることも多く、ひとりで家を探すのはなかなか大変ですよね。古い習慣が残る京都のような街では、難しいと感じる場面がさらに多いかもしれません。では、京都で住まい探しをするにあたって、何を知っておいたらいいでしょう?

今回は、留学生として来日し、今は京都の不動産会社、フラット・エージェンシーで宅地建物取引士(不動産に関する専門家の国家資格)として働く李方(リー・ファン)さんにお話を伺いました。リーさんの現在の事務所は、京都大学のすぐそばということもあり、リーさんは海外から京都に来た留学生の住まい探しのお手伝いをする機会も多いと言います。

京都の賃貸制度

Q.留学生のお客さんは多いですか?

A. 事務所が京都大学を出てすぐのところにあるので、学生のお客さんはかなり多いです。今からかなり昔になりますが、私たちの企業がビジネスを始めた頃から、「留学生歓迎」の物件は、私たちの特徴のひとつでした。この事務所だけで、2人の英語と中国語が話せるスタッフがいます。お客さんからは、私たちが英語を話せるので、ここに来ましたと、よく言われます。また、学校のサイトで私たちの会社の情報を見たとか、外国人スタッフがいるからといった理由も多いです。

やはり外国の方にとっては、自分の国の言語で話せることや、同じ出身国のスタッフがいることで安心できるのだと思います。

Q. 京都でアパートを借りるにあたって、独特なことは何ですか?また、留学生が部屋を借りるにあたって、どのような疑問や難しさがありますか?

A. 難しい点は、アパートの大家さんが留学生の入居を認めてくれるかということですね。最近では、かなり多くの大家さんが留学生を受け入れていますが、まだ古い考えの方も多いです。もうひとつは、日本ではほとんどのアパートが保証人を必要とするということです。

保証人とは、借りた側が払えなかった時の家賃の支払いも含めて、賃借に対する責任を取ることに同意した人を指します。保証人は大きな金銭的責任を伴うため、通常、若い日本人の借主の場合は、親が保証人になることが多いです。そのため、日本人ではない学生にとっては、保証人を見つけることは非常に困難です。ですが、保証会社という手段があります。

保証会社は、個人の保証人の代わりとして機能します。通常は年会費によって保証会社を使うことができます。

京都では、大家さんが保証人と保証会社の両方を求めることもあります。更には、その保証人は日本人であるか、また日本の永住権を持っていることが求められる場合もあります。そうなると、用意するのが難しくなってきます。

保証人の仕組みについてあらかじめ留学生に説明してくれる大学もあり、その場合、学生たちは、アパート探しの相談に来た時、大学で教えてもらったように、保証会社を使うことを希望します。ですが、学校で説明がなかった場合や、まだ来日していない学生の場合は、このような日本独自の不動産賃貸についての知識がないので、保証人についてだけでなく、アパートを借りるときに必要となる敷金や礼金についても、私たちが説明します。

「敷金」は、日本では多くの大家さんが求める保証金です。通常、家賃の1ヶ月分から2ヶ月分の金額で設定されることが多く、賃貸契約を結んだ時に支払います。日本以外の国で見られるような保証金の取り扱いと同じように、物件をきれいに使っていれば、退去の際に戻ってくるお金です。

「礼金」は直訳すると「感謝のお金」となり、英語では”key money”と訳されることが多いですが、より日本独特の習慣と言えます。こちらも、賃貸契約を結んだ時に必要で、金額は様々ですが、1、2ヶ月分の家賃金額が一般的です。礼金は最終的に戻ってこないお金です。日本でも、都市によっては礼金がいらないところもあるようですが、京都は伝統的な街ですので、礼金も必要と考えておいた方が安心です。

このように、様々な日本独特のルールを理解するという困難はありますが、留学生にはたくさんのサポートもあると、リーさんが教えてくれました。

留学生向けサポート

留学生が多い学校の周りには、たくさんの留学生歓迎のアパートが集まっていることが多いです。私たちは留学生向けの賃貸物件をたくさん把握しているので、留学生が求めている物件を提供できます。

例えば、家具付きのアパート。日本では一般的ではありませんが、1~2年間だけ京都に住むという方も多い留学生の皆さんからは、よく希望がでます。これだけ大きなニーズがあるのなら、と、弊社では大家さんと相談し、家具付きアパートも提供しています。

オンラインでも物件探しの相談を受けているので、留学生は日本に来る前であっても部屋を見つけることができます。