Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

食べられるものある?日本のスーパーでお買い物

食べられるものある?日本のスーパーでお買い物

日本で何も食べられなかったらどうしよう!?もちろん、そんなことはありません!
どうやって食べたいものを見つけるか(ちなみに「食べたい」と思っていなかったものの中にも、実は美味しいものがあって、びっくりすることもあります!)また、ベジタリアンの方はどうするかについては説明しないといけませんね。偏見なく試してみることの大切さもお伝えしなければいけません。私自身、納豆の見た目(そして匂い)は気持ち悪いと思いました。でも、ひたすらトーストとアイスクリームばかり食べるために、はるばる日本にやって来たわけではありませんよね?
何か新しいものを試してみて、「ゲッ!これは食べられない」ということもあるでしょう。
でも、試してみることこそ、日本での経験です。とんでもない味だったとしても、いつか面白い思い出話になるのですから。
もちろん、新たなお気に入りを見つけることだってあるでしょう!

さて、スーパーの中を見てみましょう。

たいていの場合、普通の日本のスーパーは故郷の店とそんなに変わらないでしょう。一番違うのは売られている商品です。あれ?あれはなんでしょう?

natto

果物や野菜、他の商品も、よく知っているものも多いはずです。調味料はかなり日本独特のものがあります。試してみないといけませんね。日本の家庭で最もよく使われている調味料を紹介しましょう。

  • 醤油
  • みりん(日本酒の一種ですが、アルコール度数は低く、普通のお酒よりも甘いです)
  • みそ(スープの味付けに使うととても美味しいです。魚料理にも合います!みそは
    発行した大豆で作られたペースト状の調味料です。)
  • ぽんず(柑橘類の果汁で酸味をつけたソースです)
  • だし(鰹節を煮出したスープストックです。最も一般的なものは鰹節ですが、他の材料で作る場合もあります)

どこでもラベル!

スーパーでは、少しでも日本語が話せると、とても役に立ちます。わかりやすいことが多いですが、もし商品の場所が分からない場合は、スーパーで働いている人に聞いてみましょう。売り場の場所を教えてくれるはずです。値段だけでなく、食品のラベルをよく見てみましょう。食品には2つの期限があります。お弁当や豆腐など、傷みやすい食品には消費期限が書かれています。この日付までに食べきってください。賞味期限は缶詰や保存食品などに書かれており、美味しく食べることができる期限です。

Subscribe to Study Kyoto Newsletter

* indicates required