Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

京都の留学生が集まる公共の学生寮・住宅特集-費用、申込、日本人学生との交流など気になるポイントをインタビューしました!-

プライベートも大事にしたい方におすすめ!留学生が集まる集合住宅

続いては、寮とは少し異なる学生向けの住宅施設を紹介します。

施設の名前:京都市住宅供給公社向島学生センター(京都市)
住所:〒612-8133京都市伏見区向島鷹場町 104-1
サイト:http://www.kyoto-jkosha.or.jp/center/about.html
Facebook: こちらへ

向島学生センター全体写真2

気になる質問TOP10

1. 留学生はどのような手順で入居の手続きをするのでしょうか。入居の申込時期は決まっていますか。入居時はまだ日本語がわからない学生も多いと存じますが英語などでのサポートはありますか。

所属大学を通じてお申込みいただきます。決まった申込時期は設けておらず、空室があればいつでもご入居いただけます。事務室には英語の話せるスタッフが常駐しておりますのでご安心ください。

2. 日本人の学生とも一緒に生活することとなるのでしょうか。

日本人学生もご入居されていますので、イベントなどを通して交流の機会がございます。

3. 費用はどの程度かかりますでしょうか。家賃のほかに初期費用などは必要でしょうか。

家賃25,000円/月、共益費3,000円/月 電気料金は使用料を直接電気会社にお支払いただきます。水道・ガス代は共益費に含まれており、インターネットは無料サービスです。

初期費用として、入居時に敷金28,000円と入居月の日割り家賃を納めていただきます。

4. 入居の期間について上限下限など決まりはありますでしょうか。

大学に所属されている限り、期間の上限なしにご入居いただけます。

5. 門限やグループ、掃除当番など独自のルールはありますでしょうか。

門限やグループ、掃除当番等は一切ございません。

6. 入居の前に見学は可能ですか。

平日の営業日でしたら、いつでもご見学いただけます。来訪の前にご予約ください。

7. 個人部屋はありますか。またお風呂、キッチンなど共有スペースはどの部分でしょうか。

全室個室で、浴室、キッチン、家具・家電付です。共用スペースには、ラウンジ、勉強室、卓球室、ピアノ室(2室)、パーティールーム、共用キッチン、テニスコートがあり、無料でご利用いただけます。

8. 食事付きでしょうか、また自炊は可能でしょうか。

食事の提供はございません。近隣にスーパーマーケットが多数あり、居室にキッチンもございますので、自炊は可能です。敷地内にコンビニ、館内には自販機もございます。

9. 施設でイベントを開催することはありますか。

春と秋のウェルカム・パーティーをはじめ、卓球大会、着物着付け教室、茶道教室など様々なイベントを開催しております。また、年間を通じて生け花教室、書道教室、日本語教室を開講しており、住みながら日本語や日本文化を学べる機会がたくさんあります。

10. ほかにも向島学生センターの生活のメリットやアピールしたいことがあればぜひお教えください。留学生へのウェルカムメッセージもお願いいたします。

完全個室で、プライベートをしっかり確保しつつ、約20大学、世界30カ国以上から集まる留学生や研究者同士が自由に交流できる環境が、当センターの魅力です。事務室には英語が話せるスタッフや設備員がおりますので、生活のトラブルや相談事にいつでも対応させていただきます。また、警備員常駐、女性専用棟もあり、セキュリティーも万全です。

向島学生センター1

 

向島学生センターで生活する留学生のコメント

名前 マー・ウェンロン
出身国 中国

1. どのようにして向島学生センターの存在を知りましたか。

所属大学の留学生課で紹介されました。

2. ここでの生活で最も楽しかったことは何でしょうか。

年間を通じて開催される様々なイベントに参加したことが楽しかったです。

3. 向島学生センターや交流行事などで学んだことがあれば教えてください。

入居までの手続きがスムーズで、家具・家電付きなので、入居後すぐに生活が始められるのがとても便利です。学生センターの一番の魅力は、スタッフが皆親切で、いつも入居者の立場に立ち、必要なアドバイスやサポートを提供してくれるところ。ラウンジに行けば、温かい雰囲気の中、様々な国から来た入居者と交流できるので、一人暮らしでも寂しくありません。ウェルカムパーティーなどのイベントを通して、国境を越えた友達がたくさんできました

4. 今後、向島学生センターに入られる留学生にウェルカムメッセージをお願いいたします。

向島学生センターは、留学生、とりわけ日本語があまり話せない学生にとって、とても便利で居心地のよい施設です。事務室のスタッフは、相談事に誠意をもって対応してくれますし、イベントもたくさんあります。友達を作りたいならウェルカム・パーティー、日本文化に関心があるなら生け花教室、スポーツが好きなら卓球大会などなど…あなたの好みに合わせていろんなイベントに参加したり、自分でイベントを企画することもできます。いつか日本を離れるとき、あなたが第二の故郷と呼べる場所、向島学生センターへようこそ!

—-

いかがでしたでしょうか。
どの施設もイベントなど交流の機会や学生へのサポートが充実していますね。

少しでも興味を持った方はぜひ各寮のサイトで詳細を調べてみてくださいね!