Kyoto Styudy

考慮到京都留學的同學 在京都留學的同學

STUDY KYOTO MAGAZINE

SAKURA RENTで外国人の賃貸が簡単に

SAKURA RENTで外国人の賃貸が簡単に

皆さんは日本に到着して間もないか、あるいは到着するのをまだまだ楽しみにしているだけかもしません。これから日本の古都であり、1000年以上続く神社やお寺のある京都で留学をするのです!もちろん、素晴らしい大学や学校施設、もしかしたら卒業後に就職したいと思えるような会社もあります。ただ何よりもまず、住む場所を見つけなければいけません。

留学生および外国人が日本で(特に京都で)家を借りるためには、気が遠くなるような作業が必要なこともあります。伝統が残っていることは京都の魅力ではありますが、物件を借りるプロセスに置いては古くからのしきたりが残されていることがあります。例えば、入居の際には礼金を払う必要があります。多くの場合で保証人も必要となるなど、慣れない手順はたくさんあります!あまり時間的な余裕がない場合や、まだ日本にいない方にとっては複雑極まりないです。

でも、心配はご無用です。これらの複雑なプロセスを簡略化できる方法もあります。一つのいい方法としては、外国人向けに不動産の賃貸を行っている会社であるSAKURA RENTを検討してみることです。スタッフたちは外国の方が家探しの中で直面するであろう問題にも詳しく、全ての工程をシンプルに行うことができます。

留学生として京都で物件を借りる

そもそも、留学生が京都でお部屋を借りるというのは一体どのようなものなのでしょう?学生寮を保有している大学もありますが、部屋数は限られています。また、他国とは違って、日本の学生たちはワンルームマンションを借りるのが一般的です。日本語学校の生徒であれば学校の近くにワンルームマンションを借りたり、他の入居者と日本語の練習ができるようにシェアハウスを見つけたりするのも良いですよね!

外国で一人暮らしをすることは大きなステップであるだけでなく、京都で物件を借りるのは複雑で、費用も高くなりがちです。物件のオーナーは保証人、または、保証会社を求めることが多く、保証人は日本人でなければならないというような決まりがあることすらあります。日本人の学生達は大抵親が子供の保証人となりますが、まだ日本に来たばかりで頼れる人が誰もいない場合には、これはなかなか難しい条件となりえるでしょう。もちろん、保証会社が個人保証の役割を担うこともありますが、物件の契約をする際にすでにかかっている多大な費用に加え、さらに費用がかさむことになります。

京都ではいまだに昔からある費用を求められることが多く、それらは賃料数か月分もの費用になることもあります!賃貸契約の更新費用として1,2か月分の賃貸料を請求する貸主も珍しくありません。契約にサインする際に十分注意して見ていないと、これらの費用が発生することがあとから判明し、驚かされることもあります。

賃料はもちろんのこと、家具家電等の購入も必要となります!

 

しかしながら、もちろん、留学生達のことを考え、複雑になりがちな賃貸契約を簡略化したサービスを提供している不動産会社もあります。今回スタディ京都では、SAKURA RENTが外国人の借主に向けて展開するサービスについて伺ってきました。

SAKURA RENTについて

SAKURA RENTでは何を行っているか?

国際業務担当の濱口さんによると、SAKURA RENTでは京都に暮らす外国人達に向けて主にサブリース方式でアパートやシェアハウスの賃貸サービスを提供しています。物件は、日本では珍しく家具家電付きで、冷蔵庫や電子レンジ、ケトル、IH、またはガスコンロ、食器や洗濯機、照明器具からWiFiルーター、デスク、椅子、ベッドと布団まで全てが揃っています。さらに留学生にとって安心なことに、保証人や保証会社も必要ありません!

SAKURA RENTでは、入居初日から退去日まで留学生がスムーズに暮らせるように親切丁寧なトータルサポートを提供しています。新規入居者はお部屋選びから契約、暮らしの中で起こりうる問題まで、あらゆる過程において十分な説明を受けます。

 

留学生たちはどうやってSAKURA  RENTの従業員たちと連絡をとり、何語で会話をしていますか?

入居者達とはLINE、WeChatやメールを使って連絡をとっています。SAKURA RENTでは英語を話せるスタッフが濱口さんの他にもう一人、そして中国語を話すスタッフがいます。日本語にまだ自信が無い方でも、コミュニケーションに心配はいりません!

Category文章分類

Category文章分類