Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

【自由で国際的】京都精華大学マンガ学部ってどんなとこ?

【自由で国際的】京都精華大学マンガ学部ってどんなとこ?

「京都の大学」といえば、皆さんはどのような想像をされるでしょうか?
京都にはさまざまな大学がありますが、「文化のまち」京都には芸術系の大学も多いんです!
ところで、芸術系の大学ってどんなことを勉強しているのか気になりませんか?
そこで今回は京都市・左京区にある京都精華大学へ行き、2006年に全国で初めて設置されたという「マンガ学部」の学生にお話を聞いてきました!

大学でアニメを学ぶ

seika2

今回の取材に協力してくださる于慧美(うえみ)さんは中国からの留学生で、マンガ学部アニメーション学科アニメーションコースに通う3回生です!
まずは普段使っている教室を案内してもらうことにしました。

 

于さん:マンガ学部アニメーション学科の教室は大学の敷地中央部にある対峰館(たいほうかん)の1階から3階にあります。
対峰館には同じマンガ学部のマンガ学科のほか、芸術学部の教室も入っています!

seika3

3回生の実習室に案内してもらいました。
学生一人、一人、自分の机があるんですね。

seika4

于さん:これはアニメを作成するための「トレース台」という道具です。

今、作成しているのは、授業の課題で作っている、アニメの「動き」を表現する「中割り」(動画)と呼ばれる部分です。

「中割り」で表現する動きは、あらかじめ原画(動き出しと動き終わりなど、動きの要所となる作画のこと)などで指定されていますが、今回の作品では、中割りの枚数は、学生の裁量に任されています。
16枚作成する学生もいれば25枚の学生もいます。わたしは19枚使っています。

 

作成した「中割り」をめくって動かすと……。

一同:おおっ!

于さん:これがアニメの基本的な仕組みです!
実際の現場では、原画と中割り(動画)それぞれの工程に専門のアニメーターがいて、その上に作画監督がいます。
まず、作画監督が原画マンに描くシーンを指示し、原画マンが原画を作成。次に、原画をもとに動画さんが中割りを作り、最後に作画監督が全体を調整していきます。

 

芸大ならではの売店!「画箋堂」

seika6

本館にやってきました。
売店らしきお店を見つけて近寄ってみると……。

一同:見たことのないガチャガチャがある!

于さん:ここでは「コップのフチ子さん」などのフィギュアが買えます。
フィギュアは立体的で細かくデザインされているので、絵を描くのにも役立つんですよ!
ちなみに「コップのフチ子さん」を考案したタナカカツキさんは京都精華大学の卒業生で、現在はこの大学の客員教授でもあります!

 

ガチャガチャが前に設置されているこちらのお店は「画箋堂」(がせんどう)。
京都市で100年以上続く画材店の京都精華大学店です。
名前からも分かるように、ここには芸術系大学ならではの文具や画材などが揃っています。

seika7

于さん:これがさっきの説明で紹介した動画用紙です!
1枚6円です。大事に使ってます(笑)

seika8

于さん:ここにはいろんな種類の紙が揃っています!
美術製作では紙からこだわりますね。

seika9

于さん:芸術に関する本はもちろん、人体や動物に関する本や旅行ガイドなど、絵を描くのに役立つ本が揃ってます。
新書や雑誌など、普通の本も取り扱ってますよ!
変わったところといえば、大量の週刊少年マンガ雑誌を取り扱ってるところでしょうか。
毎週みんなで買いに来ます(笑)。