Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

日本での節約術

日本での節約術

日本での生活費は、たいていの場合、他国よりも少し高いというのが現状です。だからといって、破産するほどではありません。

現金を持ちましょう

京都留学での楽しい経験を金銭的な問題で逃してしまうこともないのです。多くの国では、近年クレジットカードが非常に普及していますが、日本はまだ現金社会です。ですから、常に少しの現金を持ち歩くことをお勧めします。少し意外ですが、海外銀行の口座については、普通のコンビニや銀行のATMではなく、ゆうちょのATM(郵便局のATM)を使うのがおすすめです。ゆうちょのATMが一番多くの種類の海外口座にアクセスできるためです。日本のATMは通常、営業時間が決まっていますので注意してください。普通は夕方には営業を終了し、国民の休日には使えません。

日用品・食品の買い物

もし、皆さんがホストファミリーと暮らしている場合は、料理をする機会はあまりないかもしれません。ですが、寮やシェアハウスで暮らしている場合は、地元の料理を作ってみることもできますし、節約のためにも素晴らしい手段です。もちろん、外食したいときもあるでしょう、京都ですから!ですが、お財布のためには、時々家で料理をするのはよい習慣です。普通の料理だけでなく、友達を集めて鍋やたこ焼きパーティをするのもいいでしょう。

nabe takoyaki

スーパーに行くと、そこでも節約できることに気付くはずです。価格はお店によって違います。例えば、業務スーパーのような、ディスカウントスーパーに行ってみましょう。スーパーによっては、毎週商品ごとの特売日を設けています。買い物する時間によっても値段は違います。遅い時間にお店に行くと、品揃えは少なくなっていますが、閉店までに商品を売り切りたいため、多くの品物が値下げされています。

食べ物以外の商品はどうでしょう?破産せずに買い物をしたいなら、服はユニクロやGUで買いましょう、そして家具や細かい家財道具はニトリがお勧めです。他にもたくさんのものを100円均一ショップで見つけることができます(3 Coinsのような300円均一でも見つかります)また、日本ではポイントカードは友達です。たくさんのお店がポイントカード制度を用意しており、よく行くお店のポイントカードを持つことは賢い選択です。ポイントを集めれば、割引を受けることができます。