Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

京都の学び体験ツアー-文系ツアー体験談-

2日目

朝の8時にバディと参加者がホテルのロビーに集合しました。ここからは文系と理系コースに分かれます。文系コースは立命館大学衣笠キャンパスに向けて出発しました。立命館大学に到着後、一人ひとりの希望する学科や分野で小グループに分かれてオープンキャンパスを見学しました。立命館大学のオープンキャンパスでは、私が率いるグループは、産業社会学部の説明と映像学部の模擬授業に参加しました。映像学部の模擬授業では、実際に3Dのソフトを使って、家の模型を作って、参加者がとても楽しんだ様子でした。

立命館大学で昼ごはんを食べた後、バスに乗って次の龍谷大学深草キャンパスに移動し、オープンキャンパスに参加しました。龍谷大学では、キャンパスや大学生活を詳しく知るため、学生ガイドが案内するキャンパスツアーに参加しました。キャンパスツアーでは、現役大学生が案内してくれ、キャンパスの中のいろんな穴場が知れてとても楽しかったです、加えて、暑い天気にもかかわらず、大学生がとても頑張っている姿に感動しました。

龍谷大学のキャンパスツアーを終えたあとは、交流夕食会の会場のソウドウ東山に向かいました。交流夕食会で、夕食を食べながら、先輩の体験談を聞いたりゲームをしたり、京都学生祭典の踊り「京炎そでふれ!」などのパフォーマンスも満喫することができました。短い時間でしたが、参加者みんな、とても仲良くなることができました!

3日目

最終日には、文系コースは午前中、同志社大学今出川キャンパスのオープンキャンパスに向かいました。同志社大学では、留学生課の職員から入試情報や大学への出願方法について説明を受けた後、グローバル・コミュニケーション学部主催の外国人のための入試対策講座に参加しました。面談の時のマナーや話し方に関するレクチャーを受け、自分の名前や学校を正しい発音で言う練習も行い、面接にとても役立ちそうでした!

同志社大学に行った後、午後は、参加者の希望に合わせて5つの大学に分かれてオープンキャンパスに参加しました。京都産業大学、京都先端科学大学、京都外国語大学、京都女子大学、京都ノートルダム女子大学です。バディである私は、留学生と一緒に京都産業大学に行きました。京都産業大学に到着後、ツアー参加者はそれぞれ行きたい学部に個別相談に行きました。午後はツアー参加者の個別相談で終わり、京都駅で各自解散となりました。二泊三日という短い間でしたが、大学を4校回り、新しい友達もたくさんできたツアーとなり、みんな別れを惜しんでいました。

京都産業大学-大学説明会に参加

京都先端科学大学-大学のことを学ぶクイズに参加

京都外国語大学-先輩によるキャンパスツアーに参加

京都女子大学-女子大らしい美しいキャンパス!

京都ノートルダム女子大学-お茶を飲みながら先輩に相談

最後に

この京都の学び体験ツアーを通じて、参加者たちは様々なことを学びました。やはり、実際に大学に行って体験できることはとても大事だと思いました。なぜなら、ツアー参加者にとって、大学を選ぶ際、もちろん行きたい学部も重要ですが、やはり大学生活についても気になるポイントです。ですので、バディやオープンキャンパスを通じて生の声が聞けることで、もっと安心して行きたい大学が選べるのではないかと思います。

あなたも来年の京都の学びツアーに参加してみませんか?

(文:立命館大学 ディカ)

『京都の学び体験ツアー-理系系ツアー体験談-』

https://www.studykyoto.jp/ja/magazine/2020/01/27/science-tour/

『京都の学び体験ツアー-芸術系ツアー体験談-』

https://www.studykyoto.jp/ja/magazine/2019/11/14/art-tour/