Kyoto Styudy

住居について

京都で留学生活を送るために重要な住居について、
ここでは住居の種類、探し方、契約までの流れをご説明します。

住居の種類

●在学先の学生寮

留学生向けに寮などの宿舎を用意している学校もあります。
学校によって様々なので、まず在学先の担当窓口にたずねてみてください。

●留学生寮

国や民間団体が経営する留学生寮も少数ながらあります。
設備も良く費用も安いのですが収容数や入寮資格が限定されている場合が多いです。
»きょうと留学生ハウス
»きょうと留学生オリエンテーションセンター ※入居希望者は学生情報センターにお問い合わせください。
»向島学生センター
»国際学生の家

●公営住宅

京都府や京都府内の市町村が提供しているもので、
申し込むためには1年以上日本に在留し且つ同居親族がいてその地域に住んでいることが条件です。
ただし、留学生向けに条件を緩和、優遇措置が取られている場合もあります。

●UR賃貸住宅(旧公団住宅)

全国で75万戸ある賃貸住宅です。保証人、礼金、仲介手数料、更新料が不要で敷金のみ2か月必要です。
留学生も日本人と同一要件での入居が可能となります。
»UR賃貸住宅関西

●民間の賃貸住宅

民間の賃貸住宅の中には大きく下の5種類があります
アパート 木造建築またはプレハブ建築で、通常は2階建ての集合住宅です。
台所・トイレは共同または専用、風呂はない所も多いのです。
マンション 鉄筋コンクリート造りで、通常は3階建て以上の集合住宅です。
部屋のほかに台所・トイレ・風呂がある。高い階の部屋ほど家賃も高い場合が多いです。
一戸建て 独立した家屋です。一階だけの平屋か2階建てが普通で、小さな庭もついています。
もちろん台所・バス・トイレ付きです。
ホームステイ 日本人の受け入れ家庭に、家族の一員として滞在する形式です。
日本文化や習慣を知るため希望者は多いのですが、受け入れ家庭は極度に少ないのが現状です。
»Homestay in Japan
シェアハウス 部屋数の多い1戸立住宅をうりリビングや台所、浴室などを共有し、
個室をプライベート空間としています。比較的安い家賃で立地条件のよい住居を得られます。

●仮住宅

京都に到着後物件を探す期間など一時的に仮住まいする住宅です。月単位・週単位での契約が可能です。
(ゲストハウスやホステルは、住居ではなく旅館などの宿舎なので扱いが異なります。)
マンスリー・ウィークリー テレビ・エアコン・ベッドや冷蔵庫がついている場合が多いです。
気軽に入退去ができ、比較的安い費用で滞在することが可能です。
»マンスリーKYOTO
ゲストハウス・ホステル リビング、キッチン、トイレ、シャワールームなど共同で使用します。
契約の際にデポジット(保証金)を事前に支払う必要があるところがあります。

住居の探し方

学校独自に不動産業者と提携し、安心・安全の住まい探しをサポートしている学校が多いので、入学が決まったら、まず各学校に問い合わせてみましょう。
個人で不動産業者を介して部屋を探すときには、日本人の友人や身元保証人、あるいは日本語の上手な先輩といっしょに行き交渉を手伝ってもらいましょう。

大学・学校の紹介

日本の大学や専修学校、日本語学校では、在籍する学生に、学校の周辺にある学生向きの民間宿舎を紹介しています。
事務室でたずねてみてください。

不動産業者で部屋を探す

不動産業者は、アパート、マンションなどを斡旋する業者です。
駅の周辺に多く「◯◯不動産」「××ホーム」などの看板が出ています。

インターネットで部屋を探す

住みたい地域や留学先の大学名、また希望の賃料などから検索することが可能です。
気になる物件があれば、ネット上からお問い合わせする、または実際に不動産業者に訪問します。

Kyoto Housing Search for International Students

留学生のための多言語賃貸住宅情報サイト「Kyoto Housing Search for International Students」
京都留学する際の賃貸住宅探しはこのサイトから検索してください!

kyoto housing search

●住宅関連事業者

学生のための住居情報が多数掲載されています。是非活用してください。

賃貸住宅の契約について

家主または不動産業者と賃貸借契約を結びます。
契約する時には敷金(家賃数ヵ月分)、礼金、仲介手数料等を支払います。
家具の付いていない部屋がほとんどで、自分で用意する必要があります。

●連帯保証人について

住宅に入居するほとんどの場合「連帯保証人」が必要です。
期日までに家賃を支払わなかったり、部屋の設備を壊しても修理費を支払わなかったりした場合、
家主は連帯保証人に支払いを要求することができます。
※連帯保証人が見つけられない場合は以下の2つの方法があります。

京都地域留学生住宅支援制度
京都地域留学生住宅支援機構に加盟する大学(現在7大学のみ)が、制度に賛同する協力事業者と協力して留学生を支援する制度です。連帯保証人がいない京都地域の留学生が「連帯保証人不要」で住宅確保ができるように支援しており、その機構事務局を大学コンソーシアム京都が運営しています。(加入時に9,000円が必要)
»京都地域留学生住宅支援制度をみる

外国人留学生住宅総合補償制度(日本学生支援機構)
学校によっては、この制度を利用することによって、宿舎の連帯保証人になってくれます。
この制度を利用するためには、以下の条件が必要です。

  • ・その学校が外国人留学生住宅補償制度の会員であること 
  • ・あなたがこの制度の指定する保険に加入すること(保険料は1年間7,500円、2年間14,000円)
  • ・大家さんがこの制度による機関保証に同意すること

詳しくは、各学校の事務所にお問い合わせください。

入居後

入居後には、水道、電気、ガスの利用開始手続き、また火災保険の加入が必要です。
不動産会社に手続きについての説明を受けましょう。水道、電気、ガスの料金は家賃とは別に必要です。