Kyoto Styudy

STUDY KYOTO MAGAZINE

ロームで働く:アメリカ出身女子が日本企業に就職した場合

就職活動で大事にしていたこと

Q: 就職活動ではどのようなことに気をつけましたか?
A: 説明会やインターンシップを通して、たくさんの会社を訪れ、情報を集めることを重視していました。そして、自分より先に選考を受けた人たちの話をたくさん聞くようにしていました。インターンシップでは、営業と技術の仕事について知ることができ、その会社が本当に何をしているのか知ることができました。
普通の学生さんは勉強で忙しく、そんなに時間はないかもしれませんが、私の場合は十分時間があったので、たくさんの会社を見ることができました。きもの屋さんにも行ったんですよ!
正直に言うと、時々、私は情報がいっぱいでパンクしそうになりましたけど、志望する業界を絞るために各業界がどんなふうになっているか見たかったんです。

DSC_2957_2edit

Q: 日本の働き方で独特だと思うことはありますか?
A: 私の場合は、父も日本企業の海外拠点で働いていましたので、正直なところ、海外の企業が本当にどんな風かはよく知らないです。日本の大学に通っていたので、上級生(先輩)も日本の方ですし、なので、いろんな意味で私は大きなカルチャーギャップを感じたことはないんです。それは、私が他の留学生の方とは違う部分ですね。でも、それが日本で働くにあたって、とても役に立ってくれていると思います。複数の部署を経験できるというのは、かなり日本の企業のユニークなところと言えますね。他の国では、学校で自分が学んできた領域で仕事を得るのが普通ですから。でも、日本では違う分野に入ることができます。これは独特なところですね。
日本のビジネスマナーについて書かれている本はたくさんあるので、留学生にとっても、入社する前に日本の会社の文化について情報を得ることができると思います。
本当にそのマナーを身に着けるのはまた別の話になりますが(笑)

 

Q: 日本で学ぶ留学生の皆さんにメッセージをお願いします。
A: 日本語の能力は全てではありません。でも非常に大切なことです。私は日本の企業は様々なタイプの学生に入社してほしいと考えていると思います。なので、学生の間から、様々な観点から日本語を勉強するのがいいと思います。そして、様々な企業を見に行くことを楽しんでください。就職活動中は健康に気を付けてくださいね!

インタビューは以上です!
もっと日本での就職活動について知りたければ、こちらの記事をどうぞ!

留学生のための日本の就活入門:日本の就職活動の概要
留学生が語る!日本での就職活動体験記:フランスからの留学生による就職活動成功体験
日本の就職活動:「OB訪問」ってなに?京都の留学生ための「OB訪問」の意義とメリットのまとめ
SPIテストってなに!?-日本で就職する留学生のための筆記試験対策方法・模試情報-